校長あいさつ             西原小学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。本校校長の藤原真理子と申します。令和3年4月1日に本校に着任いたしました。4年前には教頭として保護者そして地域の皆様のお世話になりましたが、再び勤務することができる喜びとともに、重責を日々感じております。微力ではありますが、子どもたちのために、職責を果たすことができるように努めてまいります。また、保護者や地域の皆様に信頼される「地域とともにある学校」づくりを目指し教職員とともに取り組んでまいります。御支援と御協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 さて、本校は昭和31年9月に開校し、今年で65年目となりました。
 大田原市の中心よりやや西に位置し、近くには大型店舗や住宅地が立ち並ぶ新興住宅街です。平成23年度には、千人を超える県内屈指の大規模校になりましたが、平成29年度からの学区再編により適正規模になりつつあります。

 今年度は、全校児童666名です。通常学級21学級、特別支援学級3学級、他に「通級指導教室(まなび教室)」と「日本語指導教室(ワールドルーム)」があり、児童一人一人の実態や特性に応じたきめ細かな指導が行える教育環境にあります。

 子供たちは、明るく素直な児童が多く、下級生の面倒をよくみて、勤労をいとわずよく働きます。また、外国籍児童も多く、お互いを大切な存在として尊重しながら、毎日、仲良く元気に学校生活を送っています。
 保護者や地域も教育に熱心であり、学校行事や学年行事等への協力、各種ボランティアとしての協力など、本校教育活動に援助を惜しみません。

 本校の教育目標は、「自ら学び 心豊かに たくましく生きる子ども」とし、知・徳・体のバランスのとれた社会に開かれた教育課程の実現を目指し、子供たちに「生きる力」を身に付けさせる教育活動を行っています。「子ども第一!」を掲げ“チーム西原”として全職員が同僚性を発揮し、組織的に取り組んでいます。

 令和2年度は新型コロナウイルス感染症に翻弄された一年となりましたが、しばらくはwithコロナの生活です。今後さらに、予測困難な時代にあっても主体的に対応できるよう、基礎基本を身に付け、課題解決のために自ら学び、自ら考え、正しく判断し行動できる健康で人間性豊かな子どもの育成が求められます。西原小学校の職員、児童、家庭・地域が心を寄せ合い、これまでの伝統を大切にし、安心、安全な環境の中で、新しい文化や校風を築いていけるように、そして、西原小学校の子どもたちの夢の実現に向けた基礎を培えるよう全職員が一丸となって取り組んでまいります。
 今後とも西原小学校の教育活動に御支援・御協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

                                               

 大田原市立西原小学校 校長 藤原真理子