学校からのお知らせ

七夕献立~7月7日(水)の給食から~

 7月7日の給食は、「丸パン 牛乳 照り焼きチキン 豆と野菜のサラダ フォーのスープ 七夕ゼリー」でした。七夕献立でした。

 七夕は、昔、中国から伝わった星祭りです。彦星と織姫が1年に1度、7月7日だけ会えるという言い伝えから祭りが始まりました。日本では、短冊に願いごとを書いて、笹の葉につるします。この日のスープは、星の形をしたおくらや天の川に見立てたフォーが入っていました。子供たちに大人気でした。

 こうした季節の行事を児童と共に大切にしていきます。

 

 

美原塾(小中合同夏季学習会)のお知らせ

 本年度は大田原中学校、紫塚小学校と合同夏休みの学習会(以下美原塾と呼ぶ)を行います。これは、小中が一貫して義務教育9年間の系統性のある指導で、一人一人の学力を伸ばす取組の一つです。本日5・6年生に配布したお知らせを載せておきますのでご覧ください。西原小職員も学習会に参加します。たくさんの児童の参加をお待ちしています。

 なお、美原塾の参加対象は5・6年生と中学生となります。本年度は西原小学校での夏休みの学習会は行いません。1年生から4年生までの児童の学習については、個人懇談の折に現在夏休み前の学習状況や夏や休み中の学習についてお話をさせていただくことで対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

R3 美原塾 開催通知①.pdf

R3 美原塾 申込書西原②.pdf

R3 美原塾 講座一覧表③.pdf

 

 

 

 

講演会「子どもを取り巻くネット環境」

講演会動画無料配信中(7/3~17)

大田原市青少年健全育成市民大会中止のため、講演会動画が現在無料配信されています。

演題:「子どもを取り巻くネット環境」~Twitter・LINE・スマートフォンの危険性~

時間:約1時間

講師:安川雅史氏(一般社団法人ICTカウンセラー協会 代表理事)

過日資料を配付済みですが、HPにて再度お知らせいたします。

 

・子どもの命を守るためのフィルタリングの必要性・・「フィルタリングの勘違い

・ネット上に動画や書き込みをすることの危険性

さまざまな事例から、子どもたちを取り巻くネット環境について考える機会となります。

・自分がやられていやなことは人にやらない子どもを育てるには

・社会のルールを守ることができるようにするための子育て 

など、大変参考になることが多い内容です。 

 

 

 

 

栃木県産一味唐辛子の無償配布について

児童・保護者のみなさんへ

 大田原とうがらしの郷づくり推進協議会より、栃木県産一味唐辛子(栃木三鷹)を全校児童にご提供いただきましたので配布しました。(これから配布する学年・学級もあります。お楽しみにしてください。)

 

※「とうがらしの郷」大田原市に関する資料もいただきましたので載せておきます。ぜひ、読んでみてください!

 

●大田原市と唐辛子のつながり~栽培の歴史~

    かつて日本では、盛んに『とうがらし』が栽培されておりました。最も盛んだった昭和38年ごろには年間約7,000tもの国内生産量があり、海外にも輸出されておりました。そのピーク時を支えたのは、ここ大田原で、当時は全国生産量NO.1を誇るほどの有数の唐辛子産地だったそうです。

    『大田原』と『とうがらし』の出会いは、昭和初頭の頃のことです。東京新宿にてカレー粉用唐辛子の製造販売に従事していた吉岡源四郎氏(吉岡食品工業(株)・創設者)は、当時唐辛子栽培の拠点としていた武蔵野周辺での運営に限界を感じておりました。吉岡氏は、耕作地拡大並びに品質改良を図るため、広大な耕地を備える栃木県に拠点を移し、那須地方を手始めに農家への栽培依頼を始めました。この活動に栃木県が大きな興味を示します。外貨獲得のための輸出農産物が乏しかった栃木県にとって、唐辛子は極めて魅力的な作物に映ったようです。補助金を含めた栃木県からの全面的なバックアップを受けた吉岡氏は、自身も栃木県・大田原に移住し、当地での大規模な栽培普及に乗り出しました。

    その後吉岡氏は、太平洋戦争の混乱期に耐え忍びながら唐辛子の品種改良に心血を注ぎました。そして昭和30年、とうとう品種改良に成功し、それまでなかった素晴らしい品種を発見します。吉岡氏は、それを「栃木改良三鷹(以下栃木三鷹と略記)」と名付けました。栃木三鷹の特徴としては、①辛味が強い②色調が良い③形状が揃っている④収穫量が多い⑤摘み取り・乾燥などの作業が容易⑥保存に強い  などが挙げられ、栽培・流通する上で非常に優れた品種であることがわかります。その優れた特性から、栃木三鷹はその後あっという間に世間へ広まっていき、唐辛子における優良品種ブランドとしての地位を築いていきました。現在、日本で作られている一味・七味に使われているのは、ほとんどがこの品種からの唐辛子のようです。

    栃木三鷹の発見により、大田原での唐辛子栽培は飛躍的に増え始めます。栽培は昭和30~40年ごろに全盛期を迎え、当時はその生産量において全国でもNO.1のシェアを誇っておりました。また、市内では特に佐久山地区での栽培が盛んで、この地区では唐辛子の実が綺麗に色を付ける10月中旬頃になると畑が真っ赤に染まり、まるで「赤い絨毯」を敷き詰めたような美しい光景があたり一面に広がっていたそうです。唐辛子は、当初の県の期待どおり、主要な輸出農産物として大活躍するようになっていったのです。大田原と唐辛子は切っても切り離せない 赤い糸で結ばれているのです。当時は大田原の主要な輸出農産物として大活躍しており、歴史的にみても大田原の人々と「唐辛子」とは、深い係わり合いがあります。しかし、社会環境の変化や円高等の影響から唐辛子栽培は衰退してしまいました。

    平成15年から新たな観光資源を発掘しようと「とうがらしの郷づくり推進協議会」と「とうがらし生産者の会」を立ち上げ、「とうがらしの郷」の復活を目指し、令和元年7月、再びとうがらし生産量日本一に復活しました近年では『食の安全』が盛んに叫ばれるようになり、改めて消費者の目が安全性の高い国産品に移り変わってきているという状況にあります。この国産品奨励の追い風に乗って、大田原の大地に再び唐辛子畑が広がりました。

 

 ●とうがらしの科学

   「とうがらし」を植物学的に分類すると、ナス科のトウガラシ属にあたります。ピーマンやシシトウなどもナス科なので「とうがらし」の仲間ということになります。

    辛味は、大辛・中辛・小辛に、無辛と区別され、小粒のものほど辛く、太くなると辛味は少なくなります。辛味成分をカプサイシン(capsaicin)といい、この成分は、その種の胎座にあたるわた状の部分に蓄積されています。ちなみに、カプサイシンは種に多く含まれているといわれていますが、それは誤解で、ワタのそばに生成されている種も十分辛いのだが、果皮やワタよりは辛味は少ないのが一般的です。

 

●とうがらしパワー

   「とうがらし」の辛さを利用すると料理を無理なく減塩することができます。(塩分は一日十グラム以下に控えることが大切。辛味の刺激は少し使うだけでも味を引き締める効果があり、塩気がなくても十分シャープな味わいが楽しめるはず。また、辛味成分カプサイシンには血管を拡張させ血流をよくする働きがあり、胃腸に送られる血液の量が増加し、消化・吸収がスムーズになります。

    さらに!発汗が促がされるため、とうがらしを食べた後に相対的に涼しく感じられ暑気払いにもなります。そして!!体内の脂肪を燃焼する働きもあるといわれています。 さらに!さらに!栄養学的に見ても優れており、カロチンは人参の三倍、ビタミンCはいちごより多く、その他ビタミンB1・B2、ナイアシン、カリウム、リンなども含まれています。「とうがらし」は偏食しがちな現代人には有り難いスパイスなのです!!

 

                

 

6/25 教育実習生研究授業

体育の教師を目指して

本校で教育実習を続けてきた先生が、5年生の体育の授業を行いました。

緊張感のなかにも、情熱と責任感をもち、本時のめあて達成に向けて指示を出し、指導しました。児童たちも、集中して真剣に話を聞き、実技に取り組むことができました。

難しい技の習得のため、諦めずに何度も繰り返し練習する5年生の姿が、とても立派でした。

6/18 給食の様子

食に関する指導

給食を通して、望ましい食習慣や好ましい人間関係を築きます。

 

身支度を整えて、各クラスごとに当番が配膳室に給食を取りにいきます。

声をそろえて「○年○組です。いただきます。」

自分たちで配食

 

どのクラスも、無言給食です。

 

片付け前の給食室

みんなで片付け 「ごちそうさまでした。」

給食委員会の児童が進んで片付けをします。

おいしい給食で、感謝の気持ちも育ちます。

 

今日は、晴天の中、4.5年生が遠足です。少し静かで、ちょっと寂しい学校でした。

6/17 図書室から

図書室の様子

学校司書が学校図書館の整備、調べ学習等における児童の支援を行っています。また、図書館ボランティアムーミンの皆様のお世話にもなっています。いよいよ活動再開予定です!

今年度は、今のところ新型コロナ対応により、第1図書室では、図書委員会の児童や学校司書等が、本の貸出や返却に関わります。

第2図書室は学習情報センターとして、児童の調べ学習等で活用します。

今は、SDGsの紹介や、1年生が使用するいきものの本の展示が行われています。

図書室内では、3年生が総合的な学習の時間にとうがらしについて調べていました。

こちらは、学校司書と担任が準備した資料です。

児童は、準備された本やパンフレット、またはクロムブックを活用し、集中して調べ学習を進めます。

 

 

昼休みには、たくさんの児童が図書室を利用します。梅雨の時期、学校や家庭で本に触れる児童が増えることでしょう。

 

6/16 個に応じた指導から

個に応じた指導の充実

通級指導教室(まなび教室)

実態に応じた指導を通級で行います。個に応じて、目標をもって学習します。今年度から、市内の学校からも児童が通級しています。

日本語指導教室(ワールドルーム)

一人一人の実態に応じた日本語の学習をします。学習方法を工夫し、指導の充実に努めています。

 

 

 

 

相談室

学校教育相談員が児童に寄り添い、じっくりと話を聞き相談に応じます。保護者の方の相談にも応じます。

 

それぞれの教室は、児童を温かく受け入れる環境が整備されています。

与一君ランチ 6/15

 6月15日(火)の給食は「与一君ランチ」と呼ばれる献立でした。

「ごはん」「牛乳」「大田原ポークの焼き肉」「アスパラのサラダ」「かんぴょういりにらたまじる」「よいちくんいちごゼリー」

 今週の給食は、栃木県でとれた農産物をいつもより多く使っています。中でもこの日は、大田原市でとれた農産物を使用した献立です。「豚肉」「にら」「アスパラ」「ねぎ」「卵」は大田原でとれたものです。このことは放送で子供たちに紹介しました。

 

 「おいしい!」

 みんな喜んでたくさん食べました。完食した子がたくさんいました。

 献立、給食指導、食に関するお知らせなど、様々な方法で食の大切さを指導していきます。

 

 

6/15 教育相談 6年生の様子

教育相談月間

C日課として朝の活動時間を活用し、教育相談を実施しています。子供たちの悩みを早期に発見し、早期に対応することで、子供たちの悩みを解消することができるよう努めます。

6年生の整頓された教室

教師と子供たちで作成した季節感のある掲示物

6/14 5年生に教育実習生

2週間の教育実習スタート

本日から2週間、5年1組を中心に教育実習生が生活を共にします。教員を目指し、小学校での実習です。

5年生は、西原小学校のプールの決まりについて学習しました。昨年度はプールの学習を実施できなかったので、担任と一つ一つ確認をしました。プールに入れる日が待ち遠しい様子です。

ともに仲良く助け合えるクラスを目指す学級目標

5年生は、落ち着いた態度で生活しています。高学年生となった意欲を感じます。

整頓された教室環境で、学習への集中力も高まっています。

6/11 4年生の自主性

自主性を伸ばす

4年生はクラス替えなくスタートし、集団としてのまとまりが自主性を伸ばしています。

 

クラス目標から感じるチーム力   クラスメイトの心をつなぐ手形

国語の新出漢字の学習

ICTを活用して書き順を正しく理解します。その後、素手で書き順を何度も確認。

 

クラス新聞を発行するクラス

自主的な取組ができるクラスになり、子供たちの活動が広がっています。

 

 

6/9(水)救急救命法講習

 今年度は、昨年実施できなかった水泳の学習を実施します。

 6/9(水)毎年行ってきた救急救命法講習を教職員だけで実施しました。

 万が一に備えての講習ですが、心肺蘇生やAEDの使用法などを毎年確認しています。

 万が一の事態が起きないよう、子供たちに事前指導を行います。

 御家庭でも、水泳学習の準備とともに子供だけで川で遊ばない等、気を付けることを確認してみてください。

6/9 2年生の朝の活動

読書で朝がスタート

今日の朝の活動は読書。

2年生の教室は、整った環境で朝がスタート。各クラスの学級目標には、それぞれの子供たちの似顔絵が掲示され、目指す学級像が感じられます。

先生からのお話を一緒に考えるクラス

 

本を読んだら読書カードに記録   2年生になってから、すでに100冊以上読んだ子もいます。

   

読書の朝は、静かなスタートです。

 

 

6/8 1年生 ヘルスチェック

クロムブックでヘルスチェック

1年生が、クロムブックを使用してヘルスチェック!

パスワードは自分の力で入力できるようになり、自ら進んで操作する児童が増えています。

これからは、授業中の活用も進めます。

 

6/7 避難訓練

ブロックごとに避難訓練

今日は、地震が発生し、その後、給食室から出火したことを想定しての避難訓練でした。緊急時の避難経路を確認することができました。

「お・は・し・も」の確認をしました。 ・・・押さない・走らない・しゃべらない・もどらない

黙って集合します

階段も慌てずに歩きます。

校庭に出たら、素早く移動

災害時の避難について動画で学習

クロムブックで振り返り

災害はいつ起こるか分かりません。自分の身は自分で守ることも学習しました。

 

 

 

6/4 学びの姿 おひさまたんぽぽ

おひさまたんぽぽ 掲示物から

子供たちは、1時間ごとの授業において、何のために学ぶのかを理解し、集中して学習しています。おひさまたんぽぽの教室や廊下にも、学習の様子が見られます。

 

子供たちそれぞれの、よさや可能性を伸ばすことができるように努めています。

西原オリンピック準備

御協力ありがとうございます

PTA執行部、保健体育部、おやじ出会の皆様、そして本校教職員で、明日の西原オリンピックの校庭準備を行いました。お忙しい中にも関わらず、御協力をいただき、ありがとうございました。おかげさまでスムーズに準備を進めることができました。

制限のある中での実施となりますが、子供たちへの温かい御声援(拍手)をよろしくお願いします!

6/1 火曜日のロング昼休み

自主練に励む6年生と元気に遊ぶ子供たち

青空が、子供たち、そして教職員の心にもパワーを与えてくれるそんな好天の一日。晴れ

明日の西原オリンピックの成功を目指し、チーム一丸となってがんばります。

 

昼休みには、6年生が自主的に鼓笛の練習に励んでいました。他学年の子供たちは、鼓笛の演奏曲を耳にしながら、元気いっぱい外で遊ぶ姿が見られました。火曜日のロング昼休み、穏やかな時間が流れます。

 

5/31 西原オリンピックに向けて

練習も真剣!

学校では、熱中症対策、コロナ対策と指導の徹底に努めています。子供たちは、話をよく聞き、真剣な表情で練習に取り組んでいます。

西原オリンピック当日の天気予報は今のところ曇り。子供たちのがんばりを表現できることを願っています。

5月28日予行練習から

 

「厳重警戒」継続中

今が瀬戸際! 
 県独自の警戒レベル2.5「厳重警戒」が5月31日(月)まで延長されました。

 ①基本的な感染防止対策を徹底する(マスクの着用、換気、3密回避や手洗いなど)

 ②外出時は、感染のリスクを避ける行動をとる

 ③体調が悪い場合は、休養する 等

今後も予防対策の継続をお願いいたします。

下校時のお迎えについて

 一斉メールでもお伝えした下校時のお迎えについてお願いがあります。

 下の写真の西門から入り、玄関の近くで児童のお迎えをお待ちいただくわけですが、お迎えの保護者の方が多いときに、玄関から西門付近が非常に混雑します。

 お迎えの方の中には、お子さんが怪我しているなどの理由で、こちらの西門に車の乗り入れを認められている方がいます。下の写真のように車が入ってくることがあります。西門付近の下校にの安全確保のため、お迎えの保護者の方にお願いがあります。

 お待ちいただく場所は下の写真のとおりです。よろしくお願いいたします。

 

安心安全な生活への協力依頼

  県独自の警戒レベル2.5「厳重警戒」は

5月16日(日)まで延長されました。

 ①家庭訪問早帰りによる放課後の過ごし方

 ②GW中の過ごし方

 今後も感染症予防対策をお願いいたします。

4/14 一斉下校で通学路点検を行いました。

本日は1年生が上級生と一緒に帰ります。入学後、初めての一斉下校です。各通学班の班長さんが迎えに来てくれるのを校庭中央で待っています。
上級生が迎えに来てくれました。班長と一緒に登校班のみんなが待つ場所へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降ってきてしまいました。傘を差して、通学路の安全を確認しながら、一緒に帰ります。

 

本日、雨の中、児童の登校につきそい、1年生を見守ってくださる地域の方に出会いました。日頃から、児童の安全な登下校を支えていただける地域の皆様に心から感謝いたします。

入学式を行いました。

本日、うららかな春の佳き日、令和3年度西原小学校入学式が行われ、99名の新入生を迎えました。

 

 

代表児童が、教科書と記念品を校長先生からいただきました。「これから、がんばるぞ!」

 

 

 

 

定期異動のお知らせ

 この度の定期異動により、西原小学校では下記のとおり教職員の退職・異動等がありましたのでお知らせします。

詳細については、新学期が始まってからお知らせいたします。

【転出・退職職員】

 1.篠山  充 校長(退職)
 2.小口  博 教諭(退職)
 3.松本 礼子 教頭(転出)
 4.岡本 朋子 教諭(転出)
 5.針生真奈美 教諭(転出)
 6.小澤浩太郎 教諭(転出)
 7.渡辺 希未 教諭(転出)
 8.齋藤 志織 教諭(転出)
 9.藤田 美里 教諭(転出)
10.志賀美樹恵 教諭(転出)
11.鈴木 佳奈 主任(転出)
12.赤堀利恵子 講師(転出)
13.池澤 一志 講師(転出)
14.郡司ひより 養護助教諭(退職)
15.磯 佐和子 学校支援員(転出)
16.佐藤ひろみ 教科指導助手(退職)

 

【転入職員】

 1.藤原真理子 校長
 2.井上 佳子 教頭
 3.池田  守 教諭
 4.渡辺 由紀 教諭
 5.福田 幸代 教諭
 6.山崎 千尋 教諭
 7.佐藤加奈子 教諭
 8.鈴木 萌香 教諭
 9.藤田 梨沙 教諭
10.大金 眞理 教諭
11.鈴木 脩介 主事
12.髙橋恵梨果 養護助教諭
13.大江 寛子 講師
14.佐久間美希 学校支援員
15.栗田 千春 教科指導助手
16.石川 鈴子 学校看護師

 

ネット・スマホのある時代の子育て

 

 内閣府などが発行しているリーフレット「ネット・スマホのある時代の子育て」

 1 長時間利用の中身に注目!

 2 オンラインゲームで起きているトラブルとは!?

 3 SNSで誹謗中傷?いじめ?

 4 写真・動画の安易な投稿が危険を招く!

 イラストつきで簡単で分かりやすいリーフレットです。西原小の多くの児童に関わることも書かれています。

 ぜひ御一読ください。

ネット・スマホのある時代の子育て.pdf

小学校休業等対応助成金・支援金について

厚生労働省において、新型コロナウィルス感染症の影響による小学校等の臨時休業等に伴い、子どもの世話を保護者として行うことが必要となったことにより、仕事ができなくなっている子育て世代を支援し、子どもの健康安全を確保するための対策を講じています。

○小学校休業等対応助成金

 子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主への助成金

○小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

 子どもの世話を行うために、契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者への支援金

詳細は厚生労働省HPにて御確認ください。

 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11844.html