RSS2.0
校内の5カ所に、次のような掲示物があります。 言語環境を豊かにする一助として、児童に示したものです。 掲示してから半月。 校長先生の前で暗唱にチャレンジする児童が増えてきています。 今日も挑戦者が校長室を訪れました。 チャレンジの結果、上手に暗唱できてご褒美のシールを受け取っています。 すごい!! 「言葉は思考の歯車」といわれています。 言語力を豊かにしたいですね。
今朝は低中高ブロック別に、夏休みを迎える会を実施しました。   みんな真剣な表情で、お話を聞いていました。   それぞれの学年で代表児童が発表をします。 1、2年代表      3、4年代表   5、6年代表   大勢の視線を受けての発表は、大人でも緊張するものです。 しかし、どの児童も堂々と立派に発表していました。    実り多い夏休みになることを、職員一同 祈念しています。  
きれいな学校づくり 校庭には、色とりどりの花々が咲き、美しい環境を作っています。子供たちの力で育て、世話をしています。7月12日には、クリーン活動で4~6年生が除草をしました。草がなくなり、花壇の花が一段ときれいです。 緑化委員の子供たちが、毎日水やりを行なっています。 たんぽぽ1組の子供たちが育てるひまわり 1年生が育てるあさがお 子供たちの心情を豊かにするため、体験を通した環境づくりに努めています。生き物や自然を愛し、生命を大切にする子供たちの育成を目指します。  
進んで水やり 2年生は、毎朝、自分が育てている野菜に水をあげます。進んで世話をする姿が見られ、大切に育てようとする気持ちが伝わります。夏休みの収穫を楽しみにしているようです。    
今年度初の学校公開 子供たちが一生懸命に学びに向かう姿を少しでも保護者の皆様にお知らせしたく、時間と人数を制限しての実施となりました。栃木県は現在、新型コロナウイルス感染症の警戒レベルは依然として「厳重警戒」のままですが、保護者の皆様の御理解をいただき無事に終了することができました。日頃からの御支援と御協力に心から感謝申し上げます。   お家の方々に授業の様子を見ていただき、子供たちは「うれしかった。」「がんばった。」「ママが帰るとき泣いちゃった。」などと、感想を教えてくれました。限られた参観時間でしたが、子供たちの喜びと頑張りを改めて感じることができました。
 7月7日の給食は、「丸パン 牛乳 照り焼きチキン 豆と野菜のサラダ フォーのスープ 七夕ゼリー」でした。七夕献立でした。  七夕は、昔、中国から伝わった星祭りです。彦星と織姫が1年に1度、7月7日だけ会えるという言い伝えから祭りが始まりました。日本では、短冊に願いごとを書いて、笹の葉につるします。この日のスープは、星の形をしたおくらや天の川に見立てたフォーが入っていました。子供たちに大人気でした。  こうした季節の行事を児童と共に大切にしていきます。    
 本年度は大田原中学校、紫塚小学校と合同で夏休みの学習会(以下美原塾と呼ぶ)を行います。これは、小中が一貫して義務教育9年間の系統性のある指導で、一人一人の学力を伸ばす取組の一つです。本日5・6年生に配布したお知らせを載せておきますのでご覧ください。西原小職員も学習会に参加します。たくさんの児童の参加をお待ちしています。  なお、美原塾の参加対象は5・6年生と中学生となります。本年度は西原小学校での夏休みの学習会は行いません。1年生から4年生までの児童の学習については、個人懇談の折に現在夏休み前の学習状況や夏や休み中の学習についてお話をさせていただくことで対応させていただきます。よろしくお願いいたします。 R3 美原塾 開催通知①.pdf R3 美原塾 申込書西原②.pdf R3 美原塾 講座一覧表③.pdf        
国語確認テスト 学力向上旬間に学習してきた成果を確認するテストを実施しました。 今日は国語です。漢字・言葉・読み取りなど、学年の実態に応じた問題です。児童は、真剣に粘り強く取り組んでいました。   明日は、算数のテストが実施されます。 これまでの一人一人の努力を認めるとともに、つまづきを補充し学力の定着が図れるように学校全体で取り組んでまいります。 掲示物から 第1校舎階段周辺に6年生が七夕飾りを掲示しました。季節感あふれる素敵な空間となっています。 願い事が叶いますように!      
3年生の教室です。子供達の願い事が飾られていました。     たくさんの子供たちが新型コロナウイルスの心配がなくなることを願っていました。 みんなの願い事が叶いますように。
6年生活躍 縦割り班で編制されるふれあい班の活動が行われました。 班長や副班長となった6年生が、下級生をリードし、話合いを進めます。6年生のリーダーとしての姿が頼もしく、下級生は静かに話を聞くことができました。 今日の活動は、縦割り班で遊ぶ計画を立てました。 学年や学級の異なる児童が、共に楽しく触れ合い、交流を図る活動を大切にしていきます。  
講演会動画無料配信中(7/3~17) 大田原市青少年健全育成市民大会中止のため、講演会動画が現在無料配信されています。 演題:「子どもを取り巻くネット環境」~Twitter・LINE・スマートフォンの危険性~ 時間:約1時間 講師:安川雅史氏(一般社団法人ICTカウンセラー協会 代表理事) 過日資料を配付済みですが、HPにて再度お知らせいたします。   ・子どもの命を守るためのフィルタリングの必要性・・「フィルタリングの勘違い」 ・ネット上に動画や書き込みをすることの危険性 さまざまな事例から、子どもたちを取り巻くネット環境について考える機会となります。 ・自分がやられていやなことは人にやらない子どもを育てるには ・社会のルールを守ることができるようにするための子育て  など、大変参考になることが多い内容です。         
 岡山県井原市と大田原市は友好親善都市の盟約を結んでおり、毎年小学6年生の交流事業や作品交流を行っています。しかし、新型コロナウイルスの影響で昨年度は作品交流しか行うことができませんでした。  そこで、今年は児童同士が直接関わる交流がしたいと考え、6/30(水)記念すべき第1回の交流をリモートで行いました。  スクリーンに映し出されているのが、西江原小の4年生です。来年度の「いちご一会とちぎ国体」で使用する岡山県ののぼり旗を西原小の4年3組が作成しました。岡山県が正しく紹介されているか質問して確かめることにしました。  西原小「岡山城は何が有名なんですか?」  西江原小「豊臣秀吉が8年かけて建てた城です。」  西原小「へ~。」というやりとりをしました。  西江原小児童に4年3組から栃木県クイズを3問出しました。  事前に栃木県を調べてくれていたようで、いちご!、餃子!、東照宮! 全門正解に驚きました。  4年3組の児童は、栃木のことを知ってくれていたことがとても嬉しかったようでした。  栃木県の教室から岡山県の4年生と同時に学習できる環境が整いました。アイディア次第で子供たちの学習はどん...
クロムブックで自主的に学習 今日の2年生の朝の学習は、全クラスでクロムブックを使用して行いました。国語と算数の学習から、内容を自分で選択して進めます。漢字の復習に取り組む子、計算問題にチャレンジする子など、それぞれが意欲的に学習していました。 クロムブックを活用し、時間を制限して学習することで、学力の定着だけでなく集中力の向上やスキルアップにもつなげます。児童は、クロムブックの使い方にも慣れてきたようです。授業中での活用も少しずつ始まっています。  
児童・保護者のみなさんへ  大田原とうがらしの郷づくり推進協議会より、栃木県産一味唐辛子(栃木三鷹)を全校児童にご提供いただきましたので配布しました。(これから配布する学年・学級もあります。お楽しみにしてください。)   ※「とうがらしの郷」大田原市に関する資料もいただきましたので載せておきます。ぜひ、読んでみてください!   ●大田原市と唐辛子のつながり~栽培の歴史~     かつて日本では、盛んに『とうがらし』が栽培されておりました。最も盛んだった昭和38年ごろには年間約7,000tもの国内生産量があり、海外にも輸出されておりました。そのピーク時を支えたのは、ここ大田原で、当時は全国生産量NO.1を誇るほどの有数の唐辛子産地だったそうです。     『大田原』と『とうがらし』の出会いは、昭和初頭の頃のことです。東京新宿にてカレー粉用唐辛子の製造販売に従事していた吉岡源四郎氏(吉岡食品工業(株)・創設者)は、当時唐辛子栽培の拠点としていた武蔵野周辺での運営に限界を感じておりました。吉岡氏は、耕作地拡大並びに品質改良を図るため、広大な耕地を備える栃木県に拠点を移し、那須地方を手始めに農家への栽培依頼を始めま...
クロムブックでタイピング練習 1年生のタイピング練習の様子。 アルファベットの学習はこれからですが、教師の指示に従い、集中して指を動かします。繰り返し練習して、スキルアップを図ります。     静かに無言で取り組む姿から、1年生とは思えない、たくましさを感じました。
学力向上旬間スタート 本日から学力向上旬間が始まりました。朝の活動の時間(C日課35分間)を使用し、全学年が目的をもって学習に取り組みます。 6年生は、コース別学習を実施しています。家康コース、正宗コース、信長コース、秀吉コース、よいちコースなど。それぞれが、課題解決に向け集中して取り組みます。 5年生は、クロムブックも活用。自主的に調べる姿が見られます。 各学年に応じた学習内容による10日間が始まりました。7月8日(木)と9日(金)には、学習の確認となるテストを実施予定です。  
体育の教師を目指して 本校で教育実習を続けてきた先生が、5年生の体育の授業を行いました。 緊張感のなかにも、情熱と責任感をもち、本時のめあて達成に向けて指示を出し、指導しました。児童たちも、集中して真剣に話を聞き、実技に取り組むことができました。 難しい技の習得のため、諦めずに何度も繰り返し練習する5年生の姿が、とても立派でした。
 2年生はクロームブックを使いこなすために、日々勉強しています。6月18日にはICT支援員に御協力いただき、クロームブックの使い方を練習しました。  この日は、手書き入力の仕方やクロームブックで絵を描く方法を教えていただきました。みんな一生懸命課題に取り組み、使い方を覚え、慣れてきました。  今後、クロームブックを持ち帰り、自宅での学習に活用する日が来るはずです。御家庭でも電子機器の使い方などについてお話ししてみてください。
4年生は、宇都宮方面に遠足に出かけました。 子ども総合科学館では、科学の展示物から様々なことを学びました。 「楽しい!」「すごい!」「不思議!」子供たちからいろいろな声が聞こえました。                                               買い物も楽しみました。                                                                                                                     天気もよく、外遊びをしました。                                             大谷資料館は、中の広さと涼しさに驚きました。                                         栃木県の学習施設や資料館を見学し、また、クラスの友達と楽しい1日を過ごして、有意義な遠足になりました。